理想の体型を作る!目的別サンドイッチメニュー

pa_005_01-min

理想の体型を作る!目的別サンドイッチメニュー

「脂肪だけを落として筋肉は増やしたい!」残念ながらそれはとっても難しい事なのです。なぜなら脂肪が燃えると同時に、筋肉までもがエネルギーとして分解されてしまうからなのです。「脂肪燃焼の有酸素運動」と「筋力アップの無酸素運動」。同じ運動をしていても運動する順番によって、その効果も変わってきます。自分の目標に合わせたトレーニングメニューを作ってみませんか?

有酸素運動

時間をかけながら負荷をかける、ランニングやスイミングなどの運動

無酸素運動

短期間で筋肉に負荷をかける、短距離走やバーベルやマシーンを使った筋肉トレーニングなどの運動


脂肪燃焼サンドイッチ

脂肪燃焼サンドイッチ

まずは体重を落としたい!脂肪をなんとかしたい!そんな方にオススメ。
有酸素運動を無酸素運動とアフターバーンでサンドイッチ!

  1. 大きな筋肉を中心に筋肉トレーニング(無酸素運動)
  2. 時間をかけてランニング(有酸素運動)
  3. 体幹トレーニング(脂肪燃焼をキープ)

私たちの身体は「糖質⇨体脂肪」の順番で燃料として消費されていきます。
ウォーミングアップに軽いランニングを行い、まずは糖がエネルギー源となる無酸素運動(筋トレ)をして、糖質を使ってしまいましょう。
その後、有酸素運動を行うことで、糖質を使い切った状態なので、脂肪がエネルギーとして燃え始めます!
最後は、体幹トレで内部温度を上げアフターバーンをキープして脂肪をどんどん燃やしましょう。


筋トレサンドイッチ

筋トレサンドイッチ

体力をつけたい!身体を引き締めたい!という方にオススメのメニュー。
軽い有酸素運動と疲れた筋肉を労るストレッチできつめの無酸素運動をサンドイッチ!

  1. 短時間の軽い有酸素
  2. 強度の無酸素運動
  3. ストレッチ

軽い有酸素で筋温度をあげ、筋肉の動きがよくなる状態を作ってあげてから、筋肉に意識を向けてしっかりと部位に効かせる筋トレをしましょう。疲労を残さない為にストレッチをしっかりと行って筋肉を労ってフィニッシュ。


心肺機能向上サンドイッチ

心肺機能向上サンドイッチ

疲れ知らずの身体を作りたい!持久力、スタミナをつけたい!そんな方にオススメのメニュー。
がっつり有酸素運動で軽い有酸素運動できつめの無酸素運動をサンドイッチ!

  1. 高めの心拍数をキープしながら有酸素運動
  2. 強度の無酸素運度
  3. 軽い有酸素運動

やや高めの心拍数をキープしながら運動することで、心肺機能を強化します。活動量計などを使うと心拍数が一目でわかるので便利です。個人差もありますが、心拍数は最大心拍数の70〜85%で行いましょう。(最大心拍数の計算式は「220ー年齢=最大心拍数」で計算できます)
無酸素運動で筋肉を鍛えたら最後は、軽い有酸素運動でクールダウン!


ノー有酸素運動サンド

ノー有酸素運動サンド

筋肉は増やしたいけど体重は減らしたい!そんな方におすすめな厳しいメニュー。
無酸素運動を食事のコントロールで行う生活がまるごとトレーニングなストイックなサンドイッチ!

  1. 食事のコントロール
  2. 強度の無酸素運動
  3. 食事のコントロール

筋肉まで燃やしてしまうかもしれない有酸素運動は一切しません。筋トレで筋肉を増やし、食事制限で脂肪を減らしていきます。摂取したカロリーが消費カロリーを上回らないようにします。カロリー計算アプリなどでレコーディングしてみるのもオススメです。
バランスの良い食事が基本ですが、筋肉の素となるタンパク質はしっかり摂りましょう。体重(kg)の1.5〜2倍のタンパク質(g)は摂取したいです(50キロの人なら75g〜100g)
筋肉量が増えると基礎代謝が上がるので、結果として燃えやすい身体になっていきます。筋肉を酷使する分、ストレッチも丁寧に行いましょう。


あなたにあった最適なメニューを作りましょう

正しいトレーニングは、嘘をつきません。
あなたの目的にあったトレーニングを実践していれば、必ず成果が得られ、楽しくトレーニングを続けられると思います。


●商品特徴
スポーツアンダーウェアのパワーアスリート レディースが新登場!フィット感・サポート力を兼ね備え、最高のパフォーマンスを目指すアスリートの求めた理想のスポーツアンダーウェアです。



専門家紹介

湯浅 まゆ さん

フィットネスインストラクター
キックボクシングエクササイズ、コンディショニングインストラクター。地元仙台にてラジオパーソナリティとして活動後、ジャカルタでインドネシア武術「プンチャックシラット」の修行に励む。 帰国後、イスラエル軍戦闘術「クラヴマガ」の黄帯取得。キックボクシング歴16年。GOLD'GYMを中心に指導。NCAマスターコンディショニングインストラクター、背骨コンディショニングインストラクター他。2児の母。




TIPSお役立ち情報

RECOMMEND専門家と座談会

30代からのサクセスエイジング

PICK UP体ケアには必須のアイテム

大人女性のスポブラの選び方

LINE UPSimple but Functional

B.V.D. Ladies Sports

Interview