吉住友里さん トレイル・スカイランナー/ 理学療法士

写真:フォトグラファー 山本遼

吉住友里さん
トレイル・スカイランナー/ 理学療法士

2017年5月スペインのラ・パルマ島で開催されたスカイランニングVK世界戦で、日本人で初優勝する歴史的快挙を達成した日本を代表するトレイルランナー。
2018年4月27日に行われた、UTMF&STYでSTY女子優勝、総合でも5位という快挙を成し遂げる。

季節や気候を感じながら、五感が研ぎ澄まされていく感覚が好き

吉住友里さん トレイル・スカイランナー/ 理学療法士

写真:フォトグラファー 山本遼

-吉住さんがトレイルランニングをはじめたきっかけはなんですか?

舗装された道路ではなく、登山道や林道、沢や渓流などの自然の中を走るトレイルランニング。近年では日本でも、UTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ)など、海外からも参加者が集まる国際的な大会が開かれるようになるなど、人気を集めているスポーツです。

私がトレイルランニングを始めたのは3年前のこと。それまでは約8年間、ロードばかり走っていましたが、坐骨痛で2年間も走れなくなってしまって。リハビリのために、山に誘われたのがきっかけで走り出し、どんどんのめりこんでいきました。

しかも、トレイルランニングの大会に出てみたら一気に結果が出て、大会記録で優勝の連続。いつの間にか日本代表で世界選手権に出られることにもなり、山なら世界を目指せるかもしれない、それならとことん挑戦したいと思うようになりました。

-トレイルランニングの魅力を教えてください。

自然の中を走るのはすごく気持ちがいいんです。季節や気候を感じながら、五感が研ぎ澄まされていく感覚が好きですね。疲れても、綺麗な景色が見えるとテンションが上がって疲れも吹っ飛びますし、すれ違うハイカーやランナーとの挨拶や会話も楽しいです。

また、トレイルランニングは、登山道などの未舗装の道を走ります。木の根があったり、砂利道だったり、登ったり下ったり、歩いたり走ったり。ペースも変わるし、身体の色々な筋肉を使えるのもいいところです。
軽くて快適

軽くて快適

  • 通気性
  • 吸水速乾

幾何学模様のメッシュ素材に、メッシュのアンダーゴムを配し、マイクロテープを薄手にすることで、軽さと涼しさを追求した、スポーツ時にも快適なシリーズです。

商品情報を見る
B.V.D.は、セパタクローを応援します!!